あさが来た 9話 いい味出している雁助(山内圭哉)と新次郎(玉木宏)の掛け合い!

  • あさが来た 9話 いい味出している雁助(山内圭哉)と新次郎(玉木宏)の掛け合い! はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

あさが来た 9話 感想

雁助(山内圭哉)と新次郎(玉木宏)のトークが面白い。

雁助:「こんなえらいなときに、お花とはご風流なこって」

新次郎(玉木宏):「まあな。」

「こないな時は、わてかて誰かて何しようが、

雨降りの台風やさかい

雁助:へっ?という表情をする

新次郎(玉木宏):「どんもならん。いうてな。」

雁助:「うまい!」

 


スポンサーリンク
 


 

あさが来た 9話 感想

 

結婚を控えたあさ(波留)に新次郎(玉木宏)以外の男性から手紙が届く。

それは以前、大阪で出会った無礼な侍の五代友厚(ディーンフジオカ)から。

五代友厚(ディーンフジオカ)は海外におり、

そこから見た日本についてあさ(波留)に書いています。

 

五代友厚(ディーンフジオカ)はこのときの経験もあり、

やがて企業家としてあさ(波留)の師となるます。

 

あさ(波留)の弟の久太郎(奥津正太郎)が成長した姿で登場。

もしかしら女性に人気がでるかもしれませんね。

 

朝ドラではヒロインがブレイクすることがあっても

男優はあまり目立たないことが多いですね。

と、書いてそんなことはないことを思い出しました。

花子とアンの吉田鋼太郎がいましたね。

 

吉田鋼太郎さんはドラマMOZUでの悪役の怪演も印象的でした。

 

ドラマのあさ(波留)は15歳ですが、

波留がとても15歳に見えないので、

あさ(波留)がアホの子のように見えるのが残念です。

 

子供時代のあさ(鈴木梨央)の演技の印象が強く残り、

成長してくると、はつ役の宮崎あおいさんの演技が上手いので

波留が飲まれてしまって気の毒です。

 

ラストのそろばんのおもちゃ(?)を黙々と作っているシーンなんかは

波留の美しさが現れていてよかってと思います。

 

成人したあさ(波留)が待ち遠しいですね。

 

  • あさが来た 9話 いい味出している雁助(山内圭哉)と新次郎(玉木宏)の掛け合い! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。