あさが来た 感想 1 許嫁とは年の差婚!

  • あさが来た 感想 1 許嫁とは年の差婚! はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

 

NHKの朝ドラ、『あさが来た』が始まりました。

「なんでどす?」

が今年の流行語大賞にノミネートされるかもしれません。

前作、『まれ』はなかなか共感を得られず視聴率が伸びませんでした。

さて、今回の『あさが来た』は初の(?)時代物。

 

物語はは幕末からのスタートなので、

今放送中のNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』とも時代が重なって

相乗効果をなし視聴率が上がるかもしれませんね。

 

あさが来た 感想 1話

幕末の京都。

京都市の豪商といわれた今井家の次女であるあさ(鈴木梨央)。

相撲なら男の子にも負けないおてんばな。

姉のはつ(守殿愛生)は箏や裁縫が上手なおしとやかな女の子。

 

今では信じがたいことですが当時はそんな姉妹にはすでに、許婚がいました。

あさの許婚は、大阪の両替屋・加野屋の次男、新次郎(玉木宏)。

はつの許婚は、老舗両替屋・山王寺屋の惣兵衛(柄本佑)。

 

二人は互いに嫁ぎ先に訪れる荒波に巻き込まれていきます。

 

1話では11歳のあさ(鈴木梨央)が初めて新次郎(玉木宏)に会います。

そろばんを「ぱちぱちさん」と読んで遊んでいるところを

父の忠興(升毅)親に見つかりお尻を叩かれます。

その姿を許嫁の新次郎(玉木宏)に見られて最悪の出会いに・・・。

 

予想通りあさ(鈴木梨央)の演技が光ります。

コロコロと変わる鈴木梨央ちゃんの表情が輝いています。

 

今では芸能人が年の差婚といって話題になりますが

当時は普通のことだったようです。

 

新次郎(玉木宏)は何歳なのでしょう?

昔に何かトラブルをお越しトラウマになり

家業に距離をおいて遊び人を演じているようです。

 

そのあたりの理由は追々明らかになると思います。

 

 

 

  • あさが来た 感想 1 許嫁とは年の差婚! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。